詐欺にはどんな案件があるのかジュビリーエースにフォーカスして考察してみた

詐欺にはどんな案件があるのかジュビリーエースにフォーカスして考察してみた

これまでのジュビリーエースの評価には詐欺案件ではないかという事も見られますが、ジュビリーエースには詐欺の心配はありません。

ネットビジネスの詐欺案件にはどういうものがあるのか、そしてなぜジュビリーエースは詐欺案件ではないと言い切れるのかを説明したいと思います。

jencoのイメージ画像
JUBILEE ACEを始める

ハイプ案件

「HYIP (ハイプ) 」とは「High Yield Investment Program」の略であり、日本語でいうと「高収益プログラム」と訳されます。

その種類としては

「MLM (Multi-level marketing:マルチ・レベル・マーケティング)」

「ポンジスキーム」

「ねずみ講」

などがあります。

MLMは「ネットワークビジネス」「マルチ商法」とも呼ばれるもので、法律上に問題があるものではありません。

ジュビリーエースのシステムもネットワークビジネスとしての仕組みを取り入れている部分もあります。

ポンジスキームは高利回りの運用をうたっておきながら、実際には資産運用せずに、出資金をそのまま返すというもの。

つまり出資金を集めて、その集めた出資金から配当を渡していく自転車操業のようなもの。これは明らかな違法行為です。

ねずみ講は有名でしょうかね。MLMと似てはいますが、「無限連鎖講」と定義された明確な詐欺です。

ねずみ講の場合もポンジスキームのように、新たな出資者からの出資金が報酬として支払われます。

ポンジスキームやねずみ講の場合は必ずいつか破綻するものなので、ある程度稼いだらその会社は飛んでしまうというのが特徴です。

なぜジュビリーエースは大丈夫なのか

まず、ジュビリーエースで用いているのはMLMのような紹介制度。

もちろんMLMも違法ではありませんが、ジュビリーエースの場合はさらに、紹介者への強制力はほぼありません。

「やりたい人だけどうぞ」という勧誘が可能になっています。

というのも、別に紹介する事が出来なくても、高い利益が出る上に3倍保証もされています。

出資者にとって、損する事は全くありません。

また、ポンジスキームやねずみ講でないと言い切れる理由ですが、

まずこうした詐欺の特徴は、いずれ必ず会社は破綻し飛んでしまうという事。

しかし、ジュビリーエースの場合は会社の計画が1年後、2年後まで公表されています。

また、多くのメディアにも出演歴があり、飛んだところですぐ足がつきます。

つまり、ポンジスキームやねずみ講を行う事はジュビリーエースには不可能なのです。

さらにはジュビリーエースでは国際規格であるISO9001も取得していますし、会社としては全く問題はありません。

投資系ネットワークとして非常に優良な案件であると言い切っていいでしょう。

jencoのイメージ画像
JUBILEE ACEを始める
TOPページを見る