JENCOで利用される通貨

JENCOで利用される通貨

JENCO(ジェンコ)での取り引きには仮想通貨のビットコイン(BTC)が用いられます。

仮想通貨というのは、電子データのみでやりとりされる通貨であり、法定通貨のような国家による強制通用力を持たず、主にネットビジネスでの取り引きに用いられるようなモノです。

ビットコインを利用すると一体どういう利点があるのでしょうか。

仮想通貨の基本などを押さえながらビットコインの利点についても見ていきたいと思います。

jencoのイメージ画像
jencoを始める

分散型台帳

ビットコインは中央集権の存在しない世界共通暗号資産となります。

中集権というのはリアルに置き換えると「銀行」「金融庁」のようなものですね。

銀行ではその取り引きをすべて銀行側で行っており、しっかりとしたセキュリティ管理がされハッキングなどの被害に遭わないようにしています。

対して、ビットコインは分散型台帳と言い、ネットワークの中に取引履歴が残ります。しかし、すべての取引履歴が残るので1本ハッキングされてもネットワークの中には正しい情報が残っているので即座に修正され安全性を保つことが出来るものです。

ブロックチェーン

これは情報の記録方法に関する事なのですが、これまでの取引履歴に対して、新たな取引記録があり、取引記録の連鎖によって、何かハッキングがしかけられたとしてもつじつまがあわなくなり連鎖がつながらずハッキングを回避するシステムの事を言います。

マイニング

マイニングというのは日本語では採掘という事であり、例えば金の場合、まずは一時的に爆発的な採掘が行われます。しかし、それも時期が経つにつれ、掘り起こされるスピードは遅くなります。

その後年月が経つにつれ、売る人より買う人が増え、さらに保持する人が増え、金の採掘量が減れば金の価値が上がります。

この採掘量が少なくなる時期を半減期といい、ビットコインにおいては10分間に採掘される枚数が定められています。

このような金と同様に採掘をイメージしたシステムをマイニングといい、ビットコインにも半減期が設定されているんです。

ビットコインの価値が上がる

マイニングにより、半減期を迎えているビットコインはこれから間違いなくその価値が上がります。

ビットコインには保有者数の減少も見られず、上限枚数も近づいている中、保有人口が増えると価値が上がるのです。

つまり、JENCOで利用されるBTCそのものの価値が上がると、それだけ得をするという事になります。

これは非常に大きな利益をもたらす可能性をもったものである為、覚えておいて損はないと思います。

jencoのイメージ画像
jencoを始める
TOPページを見る