10万人が登録するJA(ジュビリーエース)がJENCO(ジェンコ)として運用開始するらしい

世の中に溢れる情報の中から“何が真実で何が嘘なのか”を見極めるのは非常に難しい事だと思います。

世間では「詐欺」「悪徳」というような評価を受ける事のあるジュビリーエース(JA)ですが、実はこれ、既に10万アカウントの登録を抱える巨大なネットビジネスです。

そして、私もそんな10万人の中の一人。

そうです、私もジュビリーエースをしっかりと利用させてもらっている中の一人です。

世間に溢れている「詐欺」「悪徳商法」といったう噂について、実際に利用していてどういう結果になっているかという事をここではお伝えさせて頂き、さらには、そのジュビリーエースが新たなステージとして展開していくJENCOについても説明させて頂きたいと思っています。

ジュビリーエースが気になっていたという人、そして、これから始まるJENCOが気になっているという人は是非読んでみて下さい。

jencoのイメージ画像
jencoを始める

JAに悪評が多い理由。詐欺の噂は本当か?

JAに悪評が多い理由。詐欺の噂は本当か?

JENCO(正式名称 ジュビリーエナジー&コモディティーズ)のシステムの元になっているのはこれまで運用されてきた「ジュビリーエース(JA)」のシステムが元になっています。

このジュビリーエースにはもちろん稼げるというような口コミもありますが、詐欺案件だというような口コミもあります。

しかし、実際に利用している人から詐欺だというような口コミを見る事はまずありません。

世間でジュビリーエースを詐欺だと言っている人のほぼ全ての人が、実際にはジュビリーエースを利用している人ではなく、その高利である部分や、ネットワークビジネス(MLM)の仕組みだけを見て憶測で意見しているにすぎません。

中には適当な運用の仕方をして「全然稼げない」と言っている利用者もいるようです。

ただ、私から見ればジュビリーエースは非常に全うに、ちゃんとした取り組みをしているネットビジネスです。

ちゃんとした利用もせずに(そもそも利用すらしていなくせに)悪評を並べるような事が多いので、なぜ悪評が立つのかという要因を見ていき、それぞれ検証してみたいと思います。

ネットワークビジネス(MLM)の仕組み

まず、ジュビリーエースではネットワークビジネスのように紹介制度を用いています。

やはり世間ではネットワークビジネスという事ばを聞くと“怪しい”と思うものでしょう。実際僕もジュビリーエースのようなものでなければ怪しみます。

しかし、ジュビリーエースのその中身は非常に健全なものです。

そもそも、紹介出来なければ利益が出ないというものではありません。元本の回収もそれ以上の利益も、別に紹介しなくてもちゃんと受け取る事が出来ます。

ただ会社としては利用者を募るのは当然の事であり、さらに、紹介料をとる事でよりよい運用が出来るようになるので紹介制を採用しているというだけです。

まぁ利用者の中にも自分の利益の為に無理な勧誘をする人もいるとは思いますので、そういう一部の人のマナーの問題で全体の評価が悪くなってしまうのは悲しい事ですね。

運営会社の取り組み

また、運営会社の実態が見えないというような声も聴かれるようですが、ハッキリ言ってそんな事はみじんもありません。

ジュビリーエースでは定期的にセミナーも開催されていて、その中では実際にジュビリーエースでどういった取り引きを行っているかという中身まで公開しています。

さらには国際規格であるISO9001も取得していますし、多くのメディアに出たり、渋谷駅に大きな看板を掲げていた期間もあります。

全くの憶測で「ハイプ案件」「ポンジスキーム」などという噂もあるようですが、事実として私自身がジュビリーエースを利用して資産を増やしている事は紛れもない事実ですので、詐欺などといった心配をする必要は全くないと言えます。

jencoを始める

口コミによる評判を見てみる

口コミによる評判を見てみる

実際にジュビリーエースを利用している人からの口コミを集めてみたので、非常に健全なビジネスであるという事をどうかご自身の目でお確かめください。

『3倍保証で安心運用』

ジュビリーエースは出資金の3倍を保証してくれています。

そこには紹介制度を利用する必要もありませんし、誰もが出資金の3倍の保証を受ける事が出来るので安心して下さい。

事実、私も何もせずに保証を受けています。安心して運用出来るのがジュビリーエースです。

(34歳会社員)

『BTCの扱いに詳しくなりました』

実際にジュビリーエースを利用するまではビットコインってよくわからなかったんですが、

ジュビリーエースを利用してBTC報酬を受けた時に自分もビットコインを扱っているっていうのが不思議な感覚になりました。

出金も問題なく出来ているので安心してこれからも利用していくつもりですよ。

(23歳フリーター)

『紹介者も安心してくれてます』

私はジュビリーエースで累計6人くらいは紹介させて頂きましたが、利用するのに複雑な操作もあまり必要無いし、利益は絶えず出ているので、皆安心して利用しているようです。

もちろん僕も先行者利益を得てガッツリ稼がせてもらってます。

支払もしっかり対応してもらってるし、他のネットビジネスに比べて凄く親切な印象です。

(41歳主婦)

どうでしょう?

実際の利用者の口コミは利用していない憶測でものを書いている人とは全く違ったものだという確認が出来ます。

jencoを始める

JENCOが期待されてる理由

JENCOが期待されてる理由

新しく展開されるJENCOでは、既に数兆円とも言われていたジュビリーエースの市場規模をさらに拡大して、およそ500兆円にも及ぶ市場規模で展開されるとの事です。

もちろんジュビリーエースで評価を得たシステムの良い所はそのままに、さらなる利益の拡大の為に改良されたAIシステムによる運用を行うとの事です。

これにより、ジュビリーエースでは3倍保証となっていた保証金額も5倍までは保証され、さらに高利での運用を行えるようになるとの事です。

期待が高まるのも必然と言えますよね。

jencoを始める

料金について

料金について

JENCOで最低出資金として設定されているのは100万円となります。

登録料金などはこれまで通りかかりません。

この金額設定は高いと感じる方もいるかもしれませんが、これまでのように、大してまともな運用もせず文句をいうような中途半端な参加者を淘汰する為のものであるとも言われています。

より健全な運用をしていく為に、本気で稼ぎたい人だけが参加する事が出来るようになるとの事です。

確かにこれで、変な悪評がなくなれば利用してる側としても嬉しいですね。

jencoを始める

JENCOの利用手順

ここでは実際にJENCOを具体的にどういう手順で利用していくのかという事を紹介させて頂きます。

私の場合はジュビリーエースからの乗り換え組なので、最初の手順には少々違いがあるかもしれませんが、基本的な流れは新規にJENCOを利用開始するという人でも違いはないはずです。

あまりこうした投資システムに慣れていない人には難しく感じる部分もあるかもしれません(私も実際にジュビリーエースを利用する前までは苦手でした)。しかし、手順通りに操作を行えば誰でも簡単に利用を開始する事が出来ます。

出てくる言葉とかが聞きなれないという方もいるかもしれませんが、実際にスマホで操作してみればそこまで難しい事ではありませんので、もしこれからJENCOを利用する時に不安であればこれらの手順を参考にして頂ければと思います。

アカウント作成

まずはJENCOで利用するアカウント作成を作成する事になります。

その為に必要になるのが、「ユーザー名」「パスワード」ですね。

「Username」「Login Password」「Transaction Pin」という項目があります。

「Username」はその名の通り利用するユーザーの名前ですね。

「Login Password」は第一パスワード

「Transaction Pin」は第二パスワード

この3つを設定して【Submit】を押せばログイン画面へと移行し、先ほど設定したログイン情報を入力して【Log In】を押せばサイトのTOP画面へと移動します。

JENCOサイト画面

ログインしてJENCOのサイトのTOP画面に移動するとJENCOクレジットが0になっているのがわかると思います。

もちろんまだ出資金を入れていないのですから全ての数字が0のままとなっているわけですが、出資金を入れる事によってJENCOクレジットに反映する事が出来て、その額が実際にJENCOで運用していく資金となります。

また、以下のJENCOサブスクリプションをご覧ください。

画像①

こちらを見て頂ければわかるようにJENCOの参加の為の最低資金は「3,000ドル」となっています。

今のレートで日本円で言うと32万円弱くらいですかね。

しかし、これはあくまでも“トライアル”のスターターパックとなっており、このコースを利用出来るのは「ジュビリーエースでジュビリークレジットが9,999ドルまでの人」限定となっていて、本格的な運用が開始される9/1から90日以内で10,000ドルまで出資する必要があります。

つまり、実際に運用していく為の最低金額は「10,000ドル」日本円で言うとだいたい110万円程度が必要となってくるという事です。

先にも簡単に説明しましたが、この金額は確かに簡単に出せる金額ではありませんが、こうしてハードルが高めに設定されているという事はその分だけ、JENCOの事業規模が大きいという事です。

事業規模が大きいという事は私たち出資者に対しての利益還元率もそれだけ大きくなるという事です。

安心して頂きたいのは、ジュビリーエースでも出資額の3倍まで資金が増やせる事が保証されていましたが、JENCOでは5倍まで増やせるという事が確約されているので10,000ドルを無駄にしてしまうというリスクに怯える必要は全くありません。

最低出資金額の10,000ドルも必ず50,000ドル(日本円にして550万円程度)までは必ず増やす事が出来るようになっているんです。

さらには、トップアップという再投資をする事によってJENCOクレジットを上乗せすればその分だけ保証される金額も上がっていきます。

つまりおよそ100万円の資産が何千万にもなるという事も十分に考えられるわけです。

実際にジュビリーエースを利用していた私も、JENCOに比べてハードルの低いジュビリーエースでさえ1年利用して3倍以上に資産を増やす事が出来ています。

ハードルは高く感じるかもしれませんが、5倍以上の資産形成を可能するのであればちょっとくらい無理をしてでも参加する価値は十分にあると言えますよね。

jencoを始める

得られる報酬について

JENCOに参加する事によって様々な形で報酬を手にする事が出来ます。

使い易さとか、どういうシステムかという事も気になるかもしれませんが、実際に一番に気になるのはJENCOに参加して結局いくら稼げるのか?という所ですよね。

JENCOは資産運用として、出資するだけでも十分に利益を得る事が出来るものですが、積極的な取り組みをする事でより大きな利益を生み出す事も出来るようになるものです。

そのシステムについて少々複雑な面もありますが、しっかりと理解して頂く事で今抱えている資産が2倍にも3倍にもそれ以上になります。

自助努力の必要な時代と言われるこの時代を乗り越えるために、将来への備えとして、JENCOがどれほど有用なものなのかという事を確認してみて頂ければと思います。

アービトラージ報酬

JENCOの基本的な収益はアービトラージによって得られるようになります。

その月利に関しては出資額に応じて変動するのですが、まずは最低出資金の10,000ドルを出資した場合を例にしてその報酬について確認してみたいと思います。

10,000ドルを出資した場合のサブスクリプションはベーシックコースとなります。

このベーシックコースの予想アービトラージ利益は3%~11%となっています。

つまり、アービトラージ報酬だけでも毎月300ドル~1100ドル。

日本円で言えば大体32,000円~115,000円くらいの利益を生み出す事が出来るという事です。

以下に紹介するボーナス報酬を併用する事で利益を増す事は出来ますが、アービトラージ報酬だけでも、出資額の100万円分は1年もすればそれがそのまま利益となります。

銀行への預金で100万円を預けた場合と比較してみればどちらが効果的かという事は一目瞭然ですよね。

さらには、サブスクリプションがプレステージの3,000,000ドルともなれば、アービトラージ報酬だけでも2500万円~6400万円になります。

個人的での取り組みは難しいかもしれませんが、企業としてJENCOへ取り組みをすれば相当な運用益が見込めますよね。

このアービトラージ報酬だけを見てもJENCOの利用価値は相当なものだという事がお分かり頂けるのではないかと思います。

直接スポンサーボーナス

この直接スポンサーボーナスというのは、まあその名の通りに、直接紹介者を出す事で発生するボーナス報酬という事になります。

この直接スポンサーボーナスもサブスクリプションによって受け取る事が出来るボーナス報酬のパーセンテージも変動してきます。

それでは、簡単な例を元にその報酬についてみていきたいと思います。

まずは以下のJENCOアフィリエイト・プログラムをご覧ください。

画像②

それでは、画像の通りに、以下の3人の例があるとします。

オーナーA:プリビレッジ(受け取り可能%:10%)

紹介者A:ベーシック(受け取り可能%:8%)

紹介者B:ベーシック(受け取り可能%:8%)

これからが、オーナーAの紹介によって紹介者Bが参加。

紹介者Bの紹介によって紹介者Cが参加。

という流れだったとした場合には、

まず、Aさんには、Bさんを紹介したスポンサーボーナスとして、10,000ドルの8%である800ドル、それとBさんがCさんを直接紹介したボーナスのコンプレッションとして2%の200ドル。

つまりAさんは合計で1,000ドルを直接スポンサーボーナスとして受け取る事が出来るのです。

コンプレッションというのは日本語で言うと「圧縮」という意味であり、自分のパッケージのボーナスの受け取り可能%が紹介者のボーナス受け取り%よりも大きい場合に、その%の差額分の売り上げが吸いあがるという仕組みになっています。

つまり、オーナーAがプレステージであれば受け取り可能%は13%なので、5%のコンプレッションを受ける事が出来るという事ですね。

トップアップを行う事により直接スポンサーボーナスの報酬も上げる事が出来るようになるという事です。

バイナリーボーナス

バイナリーという言葉は「二進法」を意味し、「0」「1」かの二者択一。

つまり「満たす」「満たさない」かという事になります。

一般的に為替レートを指標としたバイナリーオプションの場合には、円安になると利益を得られる「チケット」か 円高になると利益が得られる「チケット」のいずれかを購入し、結果が予測通りになれば 利益が払い出せるという仕組みとなります。

JENCOでは自分のポジションの真下に左右1ポジションずつを配置していくことになり、左右の売り上げが一致した時に報酬が入ってくるという事になります。

例えばAさんという人の真下の左右にBさんとCさんが、Bさんの真下の左右にDさんとEさんがいるという組織が出来上がっているとします。

そして、その時のパッケージが以下のような場合

Aさん:トレジャーズ(1,000,000ドル、報酬受け取り%→12%)

Bさん:プリビレッジ(100,000ドル、報酬受け取り%→10%)

Cさん:プリビレッジ(100,000ドル、報酬受け取り%→10%)

Dさん:リザーブ(500,000ドル、報酬受け取り%→11%)

Eさん:リザーブ(500,000ドル、報酬受け取り%→11%)

となっている場合に、まずAさんはBさんとCさんの売り上げがマッチしているので、マッチ分の100,000ドル×12%の12,000ドルが入ります。

次に、BさんにはDさんとEさんの売り上げのマッチ分として、500,000ドル×10%の50,000ドルが入ります。

そして、Aさんにはさらにコンプレッションとして、Bさんとの報酬受け取り%に2%の差があり、

DさんとEさんとのマッチ分、500,000ドル×2%の10,000ドルがAさんに入ります。

このバイナリーボーナスをまとめると、上記の場合にはAさんに合計で22,000ドル、Bさんには50,000ドルがバイナリーボーナスとして報酬が入ります。

少々複雑に感じるかもしれませんが、トップアップし上手くコンプレッションを活用する事によって資産はより効率的に増やしていく事が出来るようになります。

ライフスタイル・リワード

ライフスタイル・リワードというものはパッケージに応じた%のライフスタイル・リワードを受け取る事ができ、そのライフスタイル・リワードを使用してJENCOのカタログから豪華賞品と交換できるというもの。

その交換商品に関してはまだ詳細が出ていないようなのですが、もちろん市場規模も拡大して展開していくJENCOの事ですので、相当に豪華なものになるという事が予想されます。

では、そんなライフスタイル・リワードについてですが、

これは例えばあなたがパッケージがトレジャーズであった場合には、ライフスタイル・リワードは50%となります。

その場合にあなたが直接スポンサーボーナス&バイナリーボーナスを受け取る際に50%のライフスタイル・リワードを獲得する事が出来る事になります。

例えば直接スポンサーボーナスが10,000ドルだった場合には受け取る事の出来るライフスタイル・リワードは10,000ドルの50%なので、5,000ライフスタイル・リワードを受け取る事が出来るという事になります。

この受け取ったライフスタイル・リワードをJENCOのカタログの中の商品と交換する事が出来るようになるというのがこのライフスタイル・リワードの特徴です。

直接的に現金化出来るものではありませんが、ボーナスとしてもらえるものとして考えればこのライフスタイル・リワードもとても魅力的なものと言えるのではないでしょうか。

リーダーシップ・ボーナス

リーダーシップボーナスとは以下の条件を達成する事によって得られる報酬となります。

その条件というのが

・バイナリー組織の小さいグループの売り上げが規定されているもの以上であること

・直接スポンサー組織のグループ売り上げが規定されているもの以上であること

・パッケージが規定されているもの以上であること

になります。

その条件と報酬の詳細については以下の画像の通りです。

画像③

条件を達成する事によってそれに応じたボーナス報酬を月に1度得る事が出来るというものになっています。

JENCOマスターのランクの条件を達成する事によってリーダーシップ・ボーナスだけでも30,000ドルですからね、月に1度とは言え相当なボーナスが見込める制度となっています。

JENCOのボーナス報酬は無限大

これまで紹介した

・直接紹介ボーナス

・バイナリーボーナス

・ライフスタイル・リワード

・リーダーシップ・ボーナス

これらのボーナス報酬を獲得する事によって僅かな期間でも相当な資産を築く事が出来るようになります。

しかし、こうしたボーナス報酬を得る為にはJENCOへの早期参入が絶対的な条件となってくるでしょう。

また、最低出資金の10,000ドルのベーシックコースでももちろん十分な資産構築にはなりますが、トップアップする事でより大きな資産の形成に繋がります。

JENCOを賢く利用して資産を倍増する為には

“JENCOへの早期参入”

“上のグレードへのトップアップ”

この2つは欠かせない条件になってくるかもしれませんね。

もちろん通常のアービトラージによる報酬だけでも十分に価値のあるJENCOですが、様々なボーナス報酬も獲得すればその可能性は無限大。

その為にも早期参入しJENCOを賢く利用していきたいですね。

jencoを始める

今JENCOを始めるメリットとデメリット

今JENCOを始めるメリットとデメリット

JENCOはこれからのものです。

つまり、誰にでも先行者利益を得る事の出来るチャンスがあるという事です。

ネットワークビジネスが怪しいと思うなら何もしなくてもそれでも十分利益は出ますが、やはり利用出来るものは利用する事でよりお得に運用する事が出来ます。

ただやはりデメリットとしては無理な勧誘をしたら信用を失う事もあるという事。

誰かに紹介する時はあまり強引なやり方はしないようにしましょう。

JENCOを紹介する時には

個人的に懸念するのは無理な勧誘によるイメージの低下です。

ただでさえ紹介制度を用いているという事は具体的な内容はともかくそういう事自体を怪しいと感じてしまう人もいると思います。

しかし、JENCO自体にはそういった怪しい要素はなく、あくまでも事業の拡大の為にこうした制度を導入しているものと思います。

そこで求められるのはJENCOの参加者同士のモラルだと思います。

話をして興味を持てない人までも無理に誘うという行動は絶対にNGだと個人的には思っています。

ただ、話をしてみてちょっとでも興味を持った人がいればしっかりとJENCOへの参加をサポートしてあげるのもまた参加者のモラル、マナーの一つと言えると思っています。

これからの時代には資産運用が必要となってくる時代。

というか既に世の中は自助努力の必要な時代となっており資産運用は既に欠かせないものになっていると言えます。

その為にどうして良いかわからないという人も多いと思いますし、そもそも資産運用の必要をまだ感じられていないという人も多いと思いますので、そうした人に向けて資産運用の必要性と、資産運用の方法としてJENCOのシステムをしっかりと説明してあげる事は自分の為にも相手の為にも必要な事だと思っています。

決して無理な勧誘行為はするべきではありませんが、JENCOの魅力はしっかりと伝える事が出来ると良いですよね。

MT4を利用してよりわかり易く

JENCOではMT4が利用されます。

MT4とは「メタトレーダー4」と呼ばれるもので、世界的にも高性能で使いやすいチャートソフトとして非常に有名なものです。

このMT4を利用すれば様々なチャートを表示する事が出来るので、実際の取り引きの流れを非常にわかりやすく説明する事が出来るようになります。

JENCOに興味をもっている人には自信のMT4のチャート画面を通じて実際にどれだけの利益がどれほどの期間で出ているのかという事を具体的に示してあげるとわかりやすいと思います。

jencoを始める

JENCOへの参入はもう遅い?

JENCOでは既にジュビリーエースの利用者からの移行が始まっています。

なので、先行者利益を得るにはこれから新規参入する場合には不利だと感じてしまうかもしれません。

しかし、私はJENCOは今こそ始めるべき案件だと思っています。

確かにジュビリーエースを利用していた方々がその組織のままにJENCOの利用を開始する事で遅れをとってしまうと感じてしまうと思います。

その点でのビハインドがあるのは間違いありません。

但し、JENCOはこれから本格的な運用が始まる事業です。

ここで後発組なってしまうから稼げないという事は心配する必要はないでしょう。

もちろん通常のアービトラージによる報酬だけでも十分に始める価値がありますし、今からでも早期参入をしておけば先行者利益を十分に狙える段階にあると思います。

ジュビリーエースからさらに市場規模も拡大して展開される大型案件ですから、今後ますますその利用者は増えていく事が予想されます。

だからこそ今が正にJENCOへの参入をするべきであると言えると思います。

益々拡大する事業

JENCOが今後も益々拡大していく事業だという事が根拠があるかどうかわからないと思っている人もいるかもしれません。

しかし、それに関しては安心して頂いて構わないと思います。

まずジュビリーエースでは、当時出資額は5億ドルと想定して事業が展開されました。

それが、このコロナ禍の影響による市場の歪みにもより、当初から2億ドル増やして7億ドルまで拡大されました。

その後さらに上限は9億ドルにまで引き上げられたとの事なのです。

そんなジュビリーエースが新たに展開するJENCO、既に会社側のウェビナーによって出資上限は10億ドルはいくという事が初めから明言されている上に、その後の出資上限として2000億ドルはいくのではないかという噂もある程です。

それほどに、これまでのジュビリーエースでの市場規模に比べ、コモディティ、株、FXを扱う市場規模は大きなものになるという事。

確実に今度益々事業が拡大するという事が約束されているも同然の案件となっているのです。

だからこそ、JENCOへの参入はまさに“今”だと言えるのです。

jencoを始める

怪しいと思う方や副業に失敗した人にもおすすめです

怪しいと思う方や副業に失敗した人にもおすすめです

世の中には色々な副業があり、なかなか稼げないとか、騙されたっていう人もいると思います。

そうした方も、JENCOなら安心して資産を増やす事が出来るので副業としても最適だと思います。

これまで展開されてきたジュビリーエースの悪評が見られる事から不安に思う人もいるかもしれませんが、そうした声は基本的に憶測か誤った運用を行って文句言ってるのがほとんどです。

資産の運用として、JENCOを考えてみてはいかがでしょうか。

jencoを始める
jencoのイメージ画像